医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛について

脱毛サロンでは、行われていない脱毛方式について説明します。

 

医療レーザー脱毛は、美容クリニックなどの医療機関で行われている脱毛方法です。
医療レーザー脱毛の施術を行えるのは、医師や看護師の医療資格を持つ者のみです。
医療レーザー脱毛は、光脱毛と仕組みは似ていて、メラニン色素の黒色にレーザーが反応して、
毛根に直接ダメージを与えていくことによって、毛母細胞を破壊していきます。
光脱毛とは違い、ほぼ永久的な脱毛効果を期待することができます。

 

医療機関であるため、医師の指示の元、その人の毛質、毛量、
肌の色に合わせて、脱毛機器の出力の調整が可能なのです。

そのため、出力を強くすることができ、脱毛効果がより
早く実感することができます。 通常6回程度の施術を受けるので、
脱毛サロンの半分の期間で脱毛を終了することができます。

 

レーザー照射時の痛みに関しては、脇やVIOの毛質の太い部分は痛みが強く感じますが、
その他の部分は個人差があります。痛みを強く感じ辛い場合は、施術を行っている
医師や看護師に伝え、出力を調整できるので安全です。
場合によって麻酔も可能です。

 

また、メラニンの集まりであるホクロやシミなどにレーザーを当てると、光脱毛と同様に
火傷のリスクが高いですが、医療機関であるため、リスクを説明した上で照射が可能です。
火傷による水泡が瘡蓋になり、それが剥がれ落ちた時に、ホクロの色が薄くなったり、
または欠けたり無くなってしまうことがあるのです。
ほとんどの方がそのリスクを理解した上で、レーザー照射しています。

 

万が一、火傷などの皮膚トラブルがあった時、すぐに医師の診察を
受けられるので安心です。また、ホクロの周りの毛も脱毛することが
できるので、最適だと思います。
光脱毛と比較すると少々料金は
高いですが、早く永久的な脱毛効果を得たい方にはおすすめです。

脱毛するなら脱毛サロン比較で自分に合った脱毛サロンをチェック! / 自宅で脱毛をお考えであれば脱毛器を比較しよう。 / エステサロンで綺麗なお肌へ! / 看護師 求人はこちら。 / 結婚相談所で婚活を始めたい方はこちら。