永久脱毛とは

永久脱毛とは

毛根の膨らんだ部分を毛球と言い、この先端の毛乳頭が、
毛細血管より栄養を得て毛を成長させています。
毛母細胞と言うものがある限り、毛が生え続けています。
この毛母細胞を何らかの施術によって破壊して、
毛が生えてこない状態にすることを、永久脱毛と言います。

 

永久脱毛と言えども、うぶ毛などの薄い毛に対しては、100パーセント脱毛効果が
得られるわけではなりません。
そのため、米国電気脱毛協会では、最終脱毛から
2年後の毛の再成率が、20パーセント以下である脱毛方と定義しています。

 

永久脱毛は、医療行為であると法律で定められており、医療機関でしか行われていません。
厚生省・医事課により、永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、
医師以外の者が行えば、医師法違反となるとのこと。医師又は看護師が施術を行うことが、
一般的とされています。

 

医療機関以外で施術が行われている永久脱毛は、違法行為になってしまうと言うわけですね。

 

永久脱毛に一番おすすめとされている脱毛方法は、ニードル脱毛です。
針を1本ずつ毛穴に刺していくので施術時間が長いこと、強い痛みが伴うこと、
料金が高めであるなどのデメリットもあります。

 

そのため、ほとんどが美容皮膚科などの医療機関で行われている、医療レーザー脱毛に
人気が集中しています。ニードル脱毛と比較して、時間が短縮でき、痛みも軽減され、
料金も安いです。

 

エステティックサロンでの脱毛も非常に人気が高いのですが、光脱毛を取り入れており、
光の出力が弱いため完全な効果は得られにくいです。

また、医療機関では無いため、永久脱毛とはほぼ遠い脱毛方法になってしまいます。
色々な施術の特徴やリスクを理解した上で、永久脱毛を行ってみることをおすすめします。

脱毛するなら脱毛サロン比較で自分に合った脱毛サロンをチェック! / 自宅で脱毛をお考えであれば脱毛器を比較しよう。 / エステサロンで綺麗なお肌へ! / 看護師 求人はこちら。 / 結婚相談所で婚活を始めたい方はこちら。